バイナリーオプションと「移動平均線」


バイナリーオプションは、多くの場合は通貨を銘柄にして投資取引を行っています。
こうした事から、通貨の価格の変動を握っている、外国為替市場の為替相場のレート変動を読み解いて予測していくことが、バイナリーオプションで利益を掴んでいくポイントとなります。

外国為替市場は、通貨を発行する国や地域の経済状況や政治動向、近隣諸国との関係性や紛争、テロ、自然災害などにも大きき影響され、そうした事を受けた投資家たちの売買心理にも因って、為替相場を変動させています。

例えば、通貨が一方向に強く動くとされているトレンド相場という状況下においても、まっすぐに伸びていくことはなく、細かな上下動きを繰り返しながら、強く上方向や下方向に進んでいくのです。

こうした為替レートの値動きを予測していく為の手法として、「テクニカル分析」があります。
このテクニカル分析には、分析を図表化して視覚的に表す事のできるチャート図や、数値を数式にあてはめて相場の売買気配を指数化するテクニカル指標など様々な種類があり、その中の一つに「移動平均線」というものがあります。

これは一定の期間の終値の平均値を点で表しそれを連続して繋げていくことで、為替レートの本来の値動きを視覚的に捉えようというものになります。
この移動平均線は分析をする期間の幅を調整することによりグラフの形が変わり、短期間の移動平均線では短い波形が並ぶ形になりやすく、長期間の移動平均線では長い波形が緩やかに続く形になりやすくなります。

この2つの異なる期間の移動平均線を重ねると、為替レートが反転して値動きを変えるポイントを分析することができます。
この際に、長期の平均線を上から下に短期の平均線が抜けていくものを「ゴールデンクロス」、逆に長期の平均線を下から上に短期の平均線が抜けていくものを「デッドクロス」と呼んでいます。

ゴールデンクロスが現れると、為替レートが上方向に動いていく傾向があると言われており、デッドクロスの場合には、為替レートの動きが下方向になっていく傾向があると言われています。
こうした分析に、例えば他のチャート図で一定の期間内の通貨の実際の値動きを表す「ローソク足チャート」などを組み合わせると、為替レートの変動が予測できるため、バイナリーオプションで銘柄を買って予測する際に、一定時間後に通貨価格が上になっているか、下になっているかを判断する根拠にすることができます。

こうしたチャート図やテクニカル指標は、取引業者にもよりますが、現在では取引システムツールの中に設定されていることもありますので、積極的に使っていくのが良いでしょう。